スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリスクール保護者面談

6月22日(木)

ググのプリスクールの面談があった。

2週に一度、折り紙を教えに行っている私としても

ググの学校での生活や成績は気になるもので、

妻と一緒に、面談に臨んだ。

 

まだ、5歳児なのでそんなに問題はないと思ってはいたが、

先生からも終始ニコニコしたコメントを頂いた。

 

あぁ~、良かったぁ~

 

が、感想である。親としては、生まれて初めての面談。

鉛筆書きの成績表も見たが、かなり細かく評価するポイントが

あった。こういうのは、見習いたい。(日本の学校にはないと思った)

 

4月にいとこがググと一緒に授業を受けていたときのことを

先生からコメント頂いた。

 

「いとこが来た時、日本語と英語を使い分けて翻訳してくれた。

 4歳の子供にとっては、大変なことで、よくがんばった!」

 

大人でも、先生でもできないことを、4歳の子供がやったことに対して

最上級の評価をしてくれた。

シャイなところなどはあるが、年とともに解決されると思う。

国際結婚家庭、そして移住家庭の強みを、認識した1日でした。

 

一方、学年が上がるに従い、日本語が衰えていく子供のことも

よく耳にする。日本語だけでなく、日本および他の国々

の人に対して、尊敬できるような子供になってほしく、

支援していこうと、再度決意した。これが、私の責務。

#ちと、大げさかな?!

 

PS: 折り紙教室は、子供たち、親たちにも受けているそうな・・・

   仕事変えようかなぁ・・・^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。