スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル・ハリー登場

先週のことであった、ググを保育園にお迎えに行ったとき、先生が

  "A boy is smitten with her(ググ)"  スペルが分からないが

 


よく分からないという顔をしていると、

"Likes her"

と、簡単な単語が返ってきた。

「あぁ~ぁ!、ん?誰?」と英語を理解したのはいいが、内容がマズイ。いや、まずくはないが、

お父さんとしては、心穏やかではない。(うそ

 

ググも、「きょうねぇ、ハリーとダンスしたの」と上機嫌

「ねぇねぇ、ハリーって誰?どの男の子?」

「もう、帰っちゃった・・・うふふ」 (うふふとは言っていないが、そんな感じがした)

 

帰りの車の中では、

「ググねぇ、ハリーと結婚するだぁ~

「け、け、結婚!?ダディーと結婚するんじゃなかったんだっけ?☆△◎○×■」

「だって、ダディーはググが大きくなるときにはおじいちゃんになっちゃうでしょ!」

(ピキッ)」

4歳5ヶ月で、ダディーの時代はもう終わってしまった。。。(とほほ)

 

 

 

 

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。