スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り

娘の通っている学校で、お祭りがありました。
毎年、大きくなっていて、今年はおいしいものたくさん!
楽しんでいました。
スポンサーサイト

卒業証書

いわゆる 補習授業校というのが世界中にあるが、その卒業証書は、正式なものとして
認められていません。

海外の補習授業校は、正式には日本の法律で決められた「学校」ではなく、
そのため、補習校の卒業証書や成績証明書は、正式書類としては扱われません。
補習校によって「成績証明書」を発行していないところもあります。どんなにたくさん休んでも
卒業証書をもらえるところもあります。

補習授業校とは、文部科学省が認可をしていていても、あくまでもその団体が独自に教育をしている機関
であり、つまり、塾となんら変わらない。

したがって、補習授業校の卒業証書は、日本帰国時に、正式な書類とはならないばかりか
毎週大変な思いをしていただいても、意味を成さない。

では、意味あるものは何か?
そうです。「学んだこと自体」が意味を成していきます。

「形式」にとらわれることなく、「実力」をつけていくことが大切ですね。

ブリスベンに住む親が間違った思い込みや、看板に惑わされることなく、
子どもたちの時間を有意義に使えるよう、正確な認識が必要ですね。

ある日本人組織で、補習校を国営の学校と言っていた理事の方がいました。
きっと、そんな錯覚をしている人、多いのでしょうねぇ。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。