スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまいラーメン屋、見つけました

豪に移住してから、はや1年。

こちらで食せないものといえば・・・・

 

たらこ

かずのこ

らーめん

 

らーめんは、あるけど、気に入ったものがない。

 

ということで、「ないものは作る!」のDIY精神に乗っ取り、

今週はラーメン修行をしていました。

 

らーめんは、スープが猪木!ということで、

 

(つづく・・・) <ヲイ、続くんかい!

 

 
スポンサーサイト

悲しいお知らせが日本から届きました

 

平成18年7月12日、私の師匠でもあり、恩師でもある大先輩の方が亡くなりました。

 

大学出の生意気盛りのとき、私を正面から叱ってくれて、目を覚ましてくれました。

 

つらいとき、どうしたらよいか分からないとき、必ず相談に行き、

いつも適切なアドバイスをいただきました。

 

昨年、オーストラリア移住を決めたときも、社長の報告のすぐ後に

報告に行きました。(本当は、一番最初に相談しようと思っていたのだけれども)

大変喜んでくれて、背中を押してくれました。

 

その方が、もう相談できるところにいません。

 

私はITの仕事をしていたので、日本だろうが、オーストラリアだろうが、

距離を越えられると思っていました。

しかし、このときばかりは超えられません。

 

どれほど、最後のお別れに行きたかったか。

SKYPEでコールすると、体ごと相手のところにいけるような、

そんな発明がないのか?と悔しく思いました。

 

涙がこんなにあふれてきたのは、父がなくなった5年前以来です。

 

大先輩から教えていただいたことは、毎年手帳に書き溜めていました。

手帳よりも何もより、自分の中にしっかりと書きとめていました。

 

病気が治ったら、「オーストラリアに行くからな」と言っていたのは去年のことです。

「でも、やることなかったら暇でヤだから、なにかやること作っておいて!」

と頼まれていました。オーストラリアは、見ることやることたくさんあります。

本当に来てほしかった。

いっしょにビールが飲みたかった。

 

ちょうど、10年前にビール工場のコンサルティングの仕事で、初めてご一緒させていただき、

飲めないアルコールを顧客に合わせながら飲んでいるプロジェクトリーダーの姿がありました。

 

その後のホームセンターの仕事も、3年目の若造(私)が担当するシステムが

先陣を切って、やりあう中、いつも私をサポートしてくださいました。

 

55歳だそうです。

 

もう一度、会って昔話をしたい、これからの自分のことについてアドバイスして

いただきたかったのに。きっと、みんながそう思っていたでしょう。

 

正真正銘のコンサルタントでした。

 

仕事を愛し、仕事に厳しく、しかし部下にはやさしさがありました。

 

いつも、先を見ていて、相手の奥底に潜むことを察しながら、結末を意識していました。

私のオーストラリア移住も、予測されていたようです。

 

ご冥福をお祈りしています。

 

海外から日本のTVが見られる! 「どこでも TV for Skype」


http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20060707/117575/


 


こんなのがでました。Check it out!


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。