スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸足の1500マイル --Rabbit proof fence--

今日の チャンネル7の映画は、オーストラリアの名作

裸足の1500マイル --Rabbit proof fence--

 

日本でも、ビデオで見たが、改めてオーストラリアで見ると

考えさせられる。

 

ストーリーは、アボリジニと白人との混血の子供を隔離→

脱走→故郷へ帰る話だが、(詳しくはここ↓)


 

僕は、この混血という言葉が気になった

     half-caste

この言葉に表されるように、僕たちの子供が差別を受けないようにしないと

いけない。そう、今、すやすや眠っている子供を見て思う。

#あっ、起きてきちゃった・・・

 

現在、オーストラリアは、マルチカルチャー政策をとっていて

多くの移民や難民を受け入れている。

カルチャーやそれぞれの考え方を尊重するというものだ。

 

 

あと、オーストラリアの方言について知りたい人(しと:江戸弁)は、

映画を見た後、下記のサイトを参考に。


 
スポンサーサイト

オーストラリアに持参した方がよいもの(part1)

今日は、少し指向を変えて。

 

オーストラリアへ旅行にいくときに持っていったほうが良い品々のコーナーです。

#あっ、この場合、QLD 特にブリスベン近辺です。
#NSWやVICは良くわかりません^^

 

【必須】

    サングラス

    帽子

    ショーツ

    サンダル(含むビーサン)

 

※これらは、こちらでも買えます。

 こっちで買ってお土産でもいいのですが、(←いいアイディア)

  ショッピングの時間がない人は持ってきた方がよいでしょう。

 

【あったらいいな】

    水着(泳ぐつもりの人は)・・・4月末はちょっと寒いかな?

    スリッパ(我が家は、クイーンズランダーなので、家履きスリッパはあると便利)

       →お客さん向けのアイテムでした

    歯ブラシ

       →こちらは、ロバ用のでかいヤツしかありません。
         (冗)間違ってもこちらで買わないように

 

 

タイトルに、part1と書きましたが、これは「また思い出したりしたらpart2に書けるように」

という洒落た計らいによるものです。(うそ!)

 

 

初歯医者、行って来ました

オーストラリアにきて、医者には一度も行ったことのないコアラビーです。

でも、この週末にラムと焼きおにぎりをたべたときのこと、

ガリッ

と事務総長、いや、口の中で何やらいやな音がしたと思ったら、

やっぱり、かけていました。日本で治療した前歯が。

これは、日本では何度もつめなおして、苦労したところ。

 

で、我が愛妻が、

「予約してあげるよ。日本よりいいよ」と。

 うーん、今までのオージーの対応を見ている私としては、

大丈夫かなぁ、きっと、適当じゃないかなぁ

と半信半疑どころか、1信9疑という感じ。

 

しかし、ほっても置けないので、「もう、豪に入っては豪の歯医者に従え」と、

木曜日に行って来ました。

 

娘と恐る恐る入ると、

今日はどちらが最初?と先生^^

すかさず、娘は、私を指差して

Daddy

げっ!

やっ、やられた!

ということで、個室に入り、治療開始!

説明を終えると、いきなり、

注射しますね

 

 ぎょっ!ちゅーしゃ?思わず、顔をゆがめたら娘は、


ダディー笑っている


そんなわけないだろう!!! ビビッテいるだけだよ!!!


天井には、TVがあり、顔には水が飛んでもいいようにメガネをかけ、


いざ、チューシャ!


ちくっ、ちゅー(と待つこと2分ぐらい)


な・が・い・長~い・長いぞぉ~!チューシャ!


もう、そのあとは感覚がなく、ゆっくりとTVが見れました。ハイ。


結果としては、


日本よりいいかも


仕上がりも上手で、しっかり治療されていました。


こんどは、チェックアップに挑戦です。


 


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。